スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空ちゃん またね

5月14日、空との最後のお別れ
少し風が強かったけど、晴れて爽やかなお天気でした。

空は、お花に囲まれてキキのいる天国へ・・・

空
 
もしかしたら、今思い返せば、
10日ほど前から、「ピーピー! ピーピー!」 一日に一度誰かを呼ぶように鳴いていました。
あれは、キキに迎えに来てと知らせていたのでしょうか・・・
いつも突然で、肩に止まっている時はびっくりするほど大きな鳴き声
「誰に言ってるの?」と聞いても、あとは澄ましていましたが。

5月8日

胸、頭、足・・・真っ白なお骨の中に、真っ黒な1cmほどのかたまり
「これはどこの部位ですか?」 と業者の人に尋ねたら 「それは内臓です」 と
これが腫瘍があった内臓、悪い部分は真っ黒になると前に聞いたことがあります。

あの小さな体に、こんなに大きなしこり、それに耐えていた空ちゃん
痛いとも辛いとも言わず、最後は甘えん坊でいてくれた空ちゃん
ごめんね、お母さんは何も出来なかった

DSC04566.jpg

空ちゃん ずっとお母さんの心の中で生き続けてね。

今も背中に空を感じます。

スポンサーサイト

コメント

  • 2015/05/16 (Sat) 09:22
    こちらも晴れ間が見えました。

    10時、私はベランダに出て空を仰ぎました。

    ナナさんは今頃お別れをしているのかなって思いながら・・・

    朝から曇っていた空に、青空が垣間見えておりました。

    私の口からついて出た言葉、「有難う」

    五月とは言え、北海道はまだ肌寒く、私はすぐに家に入ったのですが、

    あれほど暗かった曇りの空が、みるみる明るくなりました。

    sakuya #- | URL | 編集
  • 2015/05/16 (Sat) 21:46
    ありがとうございます

    空ちゃんもきっと気付いて、お別れしていたと思います。

    sakuyaさん ありがとうございましたm(_ _)m


    ナナ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。