スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついてない図書館

昨日、図書館の利用カードを更新するため、バスで市民交流センターへ行ってきました。

この市民交流センターの中に図書館や会議室、講演会場があり、ハローワークも隣接されています。


いつもならウォーキングがてら歩いて行くのですが、この暑さだと熱中症になる可能性大です。

バスで約20分、ついでにお目当ての本を借りてこようと思っていたのに、4冊予定していたのに、

1冊も見当たらず、仕方なく他のを探してみたものの、どれも読む意欲が湧かなくて、

好きな作家さんの時代小説はほとんど読んでしまっているし・・・

せっかく行ったのに残念だけど、図書館利用カードの更新だけに終わりました。

センターの前にあるバス停で時刻表を見ると、帰りのバスは、出てしまったあと。。。

時間待ちは外では暑いので、またセンターの中へ入りました。

このセンターの玄関フロアは広くて、半円の形をしたソファー(詰めれば6人は座れる)を

背中合わせで4つ、それを2セット置いてあります。

その真ん中に当たるソファーの端に座って、バスを待つことにしました。

もちろん、そんな時はスマホでゲームです(*^。^*)

冷房の効いたソファーで持参の麦茶を飲んで、約1時間待たねばなりません。

涼しいし、快適~♪とゲームを進めていたら、突然ソファーの真ん中辺りに ドサッ!

見ると、じ様が両手をソファーの背にかけて踏んどりかえっていました。

エコのため、涼しい公共施設で昼間を過ごす、これは市の広報誌でもお勧めです。

でもねぇ、家で過ごすような態度はよくないと思いますけど・・・

と、思いながら、端で見て見ぬふりをしていました。

そしたら、突然です。大音量の○ナ○、それも立て続けによく出るもんやなぁ~と感心するほど。

途中で席を立ちました。 

私が座っているのを、なんやと思ってんねん!!!  ムカつくわ・・・(ほんとに胸がムカムカ)

こんな年寄りになりたくない! ( `ー´)ノ

何故かついてない図書館でした。
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/08/04 (Tue) 07:02
    そんな時ありますよね^^;

    私も全然ついてない時がありますが、そんなものです;;

    だから、綾小路きみまろ風に「不幸はさらに続く・・・」と言って笑い飛ばしてます。

    ご高齢になると、人間の生理的現象が鈍くなるようですよ^^

    こちらも、日々そんな方達と戦いです;;

    お風呂に言ったら、歩きながらオナラする。

    浴槽でうんPする・・・という事は、絶対おぴっこもしてるだろうな・・・って思います。

    「こら~、歩きながらオナラしな~い^^」

    と言っても、本人は 「ん?何か?」 って感じなので、

    出てる感覚も無いのかも知れません^^;

    人生の大先輩で、戦争を体験されていて、ご苦労もして来たでしょうから、

    さぞや人格的には素晴しく、そして黄金の道徳をもお持ちだろう・・・

    と、思っていたら大間違いです;;

    性根の悪い年寄りがいるのも事実です。我が強いのでしょうね。

    先日の屋外焼肉パーティーは大変でした。

    10時半に出発しますよーって言ってるのに、9時から待ってます。

    「まだ行かないの?」って・・・

    そして、14時半に帰りますよーって言ってるのに、

    さっさと食べて 「まだ帰らないの?」 「まだ?まだ?」

    うわあああああ!お前ら待つって事知らねえのかー!

    とも言えず・・・本当に疲れました;;来年行きたくないです;;

    つくづく思います・・・

    あんな年寄りにはなりたくないなって・・・

    (なりませんけどね^^)

    rukira #- | URL | 編集
  • 2015/08/04 (Tue) 19:24
    感覚ないかもですね

    歳を取ると、想像もしない恐ろしい現実が待っているんですね。

    現役を終えたからといって、デレっと生きていてはいけないということですね

    日々体力をつけて、脳トレも頑張らねば!


    歳を取るとせっかちになるようですね。

    もう少し先に行けば信号が付いてる横断歩道があるのに、道路を渡らなければという意識の方が強くて、何かに引き寄せられるように、左右も見ず道路を横切るお年寄り・・・何を急いでる?

    この辺りではよく見かける光景です。

    あれではドライバーがお気の毒です。

    若い人たちに迷惑のかけないように歳を取りたいものです。


    その爺様、私が帰る時に振り返ると、まだ同じ格好で踏んどりかえっていました。

    家に帰ると婆様に仕切られて小さくなっているのかもしれませんね(笑)

    ナナ #- | URL | 編集
  • 2015/08/07 (Fri) 07:20
    奥様に出て行けと言われているのかしら?

    それも実際どうか分かりませんが、そうなら可愛そうですね^^

    私とお父ちゃんは、仲がいい(?)ので、私は追い出したりはしませんよ^^

    (多分・・・)

    人の事はよく見えます・・・その爺様だって、反対にやられると

    きっと腹を立てるでしょうにね^^;

    息子がまだ小さい時、病院の小児科で受診を待っていた時があります。

    私の横に息子が座り、知らないお子ちゃまが息子の横に座ってました。

    幅は30センチほど空いていたと思いますが、

    その30センチの幅に、巨漢のお婆様が座ってきたのです。

    顔色を変え、私に助けを求める息子(目が訴えてた)

    そのお婆様はおもいっきり息子を踏んでおりました。

    「すみません・・・踏んでません?」

    と言うも、

    「うん?何が?」

    です。

    頭に来た私は、大声で

    「こんな狭い所に座ってきて、うちの息子踏んでないか?って聞いてんの!!」

    と言うと、やっとのいてくれました。後に息子は重くて身動きが取れなかったと話してました。

    人を踏んでる感覚もないのか・・・恐ろしい・・・(笑)

    そして、その30センチの幅には、私のカバンをドンと置いて、

    熱のある息子をよちよちしてましたー^^

    (スペースを開けてやる事が出来ないほどに混雑してました。)

    sakuya #- | URL | 編集
  • 2015/08/07 (Fri) 11:55
    邪魔~って?

    掃除の間とか、テレビの前でごろごろされるのが嫌という奥様、いらっしゃいます。


    息子さんの横へ割り込んできたお婆様、踏んでる感覚ない上に、心臓に剛毛が生えてるかも(・_・;)

    そんなお婆になりたくない(>_<)


    その人の話を聞いて思い出しました。

    若い頃、会社帰りの電車の中で、脚しか入れない隙間に大きなお尻をどでんと乗せてきたおばさんがいました。

    完全にお尻の半分が私の足の上に乗ってますがな~

    周りの人はしかめっ面でそのおばさんを見ていましたが、そのおばさんはどんどん背中を押し入れてきて、後から来て偉そうな顔して座ってました。

    始発駅なんですから、一台遅らせたら座れるんですけどね( `ー´)ノ

    遠慮がちにしている人なら、会社帰りでしんどくっても代わりますが、図々しい人には席を変わりません(-_-メ)

    ナナ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。